中小企業診断士に高収入求人はあるのか?

中小企業診断士で本当に高収入求人に巡り合えるのか

和やかな雰囲気の会議

高収入求人にありつける資格として、中小企業診断士が挙げられていますが、一体どういった仕事をするのか、知りたいという方もいらっしゃることでしょう。

中小企業診断士の重要な仕事として、経営支援協力事業といったものが挙げられています。ここでは、経営支援協力事業について掘り下げていきます。

経営支援協力事業とは?

経営支援協力事業というのは、主に中小企業支援機関が実施している事業。更に中小企業の経営改善を行っている金融機関が行っているリレーションシップバンキング。

中小企業再生支援、国際協力といった4本の事業への協力のことを言っています。他にも、苦戦を強いられている農林業の経営アドバイス。

これから需要が高まっていくとされている医療福祉分野の経営アドバイスといったものにまで、活動範囲が広がっているのが現状です。

支援機関が行っている事業は多々ある

中小企業を支援している事業なんてそんなにもあるもの?という疑問をお持ちの方は多いことでしょう。いざ、中小企業診断士の資格を取得しても、活躍出来る場所がなければ、宝の持ち腐れですからね。

しかしながら、一般的な会社員などの立場だから知らないだけで、中小企業の経営支援などを行っている事業は、現在沢山に存在しています。

支援機関に関しても、国が主導しているものはもちろん、各都道府県や、更に各都道府県に設置されている中小企業・ベンチャービジネス支援センター。

独立行政法人、各商工会議所、商工会、中小企業団体中央会といった機関がさまざまな支援事業を行っています。ですから、活躍できるフィールドは、想像している以上に沢山存在しているため、高収入も期待できる状況になっているのです。

関連記事

  1. 凄腕コンサルタントのイメージ 高収入求人につながる中小企業診断士の受験資格は?
  2. 女性コンサルタントと男性 高収入求人につながる中小企業診断士取得までの流れ
  3. 活発なミーティング 高収入求人が期待できるのに受験者が増えないのは?

ピックアップ記事

  1. 女性コンサルタントと男性
  2. 和やかな雰囲気の会議
  3. 凄腕コンサルタントのイメージ
  4. 活発なミーティング
PAGE TOP