高収入求人につながる中小企業診断士とは?

高収入求人と巡り合うためには、ナイトワークやアダルトワークを探せばいくらでもあります。しかしながら、男性でしかも、ノンアダルトな仕事となると、資格取得を前提に話を進めていく他ありません。

ただ、世の中には、使えるものから、保有していてもあまり収入に影響を与えないものまで沢山の資格がありますから、何を取得すれば高収入求人に繋がるのか分からないという方も多いことでしょう。

ここでは数多くある資格の中でも、高収入求人に繋がる中小企業診断士について紹介します。

『CONSULTING』

中小企業診断士とは

中小企業診断士は、中小企業特有の経営状況に対して、さまざまな課題があった場合、診断やアドバイスなどを行うスペシャリストです。

中小企業診断士は、国家資格の一つであり、中小企業支援法に基いて経済産業大臣から許可を受けることになります。公的支援事業等に限らず、民間事業でも活躍することが出来る経営コンサルトとなることが出来るため、高収入求人につながる資格として注目されているのです。

中小企業診断士の役割

中小企業診断士の役割としては、やはり経営資源の確保を行うのが厳しい状況である中小企業を助ける専門家たるべきというものです。

企業の成長戦略を策定していったり、その戦略を実際に実行していくための様々なアドバイスを行っていくのが、中小企業診断士の担っていくべき仕事になります。

他にも中小企業と各種行政機関や金融機関とを繋ぐパイプ役としての役割や、適切な活動支援といった中小企業が生き残っていくための幅広いジャンルでの活動が期待されているのです。

中小企業診断士は大注目の資格

中小企業診断士は、以前までは全くと言ってよいほどに注目されていない資格でした。しかしながら、2016年度に行った「新たに取得したい資格は?」というアンケートでは、堂々のナンバーワンを獲得したのが中小企業診断士という資格なのです。

2015年では6位に沈んでいた同資格ですが、2014年には3位とここ10年のアンケートの中では、常にトップ10にランキングされている資格になります。

2007年当初では、1万6800名程度の申込者数でしたが、2009年からは2万人を超え、2016年まで毎年2万人オーバーの申込者数を維持しています。

中小企業を支援するような事業に関わる公的機関などに属している方が受験していると思いきや、受験者数の中での民間企業勤務者の割合は、60パーセントを超えているという状況です。

こういったことからも、中小企業診断士の資格を取得することで、高収入求人に巡り会えると実感されている民間企業勤務の方が、新たなキャリアアップのために資格取得を目指していることが分かります。

打ち合わせをする二人の男性

試験内容の幅広さ

中小企業診断士の資格を取得するためには、かなり広いジャンルの知識を習得しておく必要があります。ざっと挙げても、財務や会計、企業経営理論、経営情報システム、経済学や経済政策。

運営管理や中小企業経営、企業政策といったものです。大きく7科目に分けられていますが、これらのジャンルの知識を習得しなければならず、平均の学習時間は1000時間超とも言われており、取得までには、かなり労力を有する資格とも言われています。

筆記試験でこの7ジャンルの知識を問われ、合格しても、その後には、実務事例等に回答をする2次試験があり、これには口述試験も含まれています。

更にこれに合格しても、企業に実際に訪問をして、実務補習を15日間以上受け、始めて資格取得になるのです。このような状況があるためか、人気で注目されている資格であっても、イマイチ受験者数が伸びないという特徴があるのも中小企業診断士資格の特色です。

■今はスマホチャットレディの求人が人気のようです。
スマホチャットレディで高収入!VI-VO(ビーボ)
■URL:https://lady.marii.tv/

ピックアップ記事

  1. 女性コンサルタントと男性
  2. 和やかな雰囲気の会議
  3. 凄腕コンサルタントのイメージ
  4. 活発なミーティング
PAGE TOP